士業に特化した専門職の集客対策・コンサルティングなら私たちにおまかせください。

株式会社アミューズエージェンシー
士業特化コンサルティングであなたのビジネスを加速させます。

関連ニュース一覧 news

誹謗中傷ツイートに大激怒!

ハリー・ウィルソンというイギリス人男性が、リリー・アレンの6ヶ月になる娘、エーテル・メアリーに関する人種差別的な発言を含む誹謗中傷ツイートをしたとして、現在リリー本人がイギリス防衛庁に対し抗議をしている。

ツイッター上のプロフィールによれば軍人であるらしいこの人物は先日、「リリー、新しい家族とお幸せに! 金で買った...じゃなかった、養子に迎えたアフリカ人の娘とね」とリリーに宛ててツイートしている。 これは、娘であるエーテルに関して「実は養子なのでは?」とにわかに囁かれている噂に同調しての明らかな誹謗中傷のツイートであり、これを受けたリリーは当然大激怒。そのツイートをリツイートし(後に削除している)、「あんな発言をするような人間、許せないわ」とツイッター界からの追放を訴える投稿をしたが、それだけでは怒りは収まらなかったらしく、軍に対しても「人種差別発言を黙認するつもり? あんな人物は厳しく教育すべきだわ」と訴え出たのだ。元々パンキッシュなキャラクターで知られるリリーだが、さすがにこのツイートには腹を立てて当然だろう。

これに対し軍の広報部は新聞紙<Metro>でコメントを掲載。「いかなる人種差別的姿勢も軍は容認するものではない」「発言についてはまだ現在調査中のため、必要以上のコメントは不適切であり、ここでは控えさせて頂きたい」としている。リリーへの申し立てに関して全くの無対応というわけではなさそうだ。

(7月13日 楽天womanより抜粋)